ネット環境さえ整っていればどこでも可能なWEB会議

いつでもどこでも会議

ミーティング

便利さゆえのリスク

WEB会議の特徴はインターネット回線を利用した会議システムですので、ファイルのアップロードや共有などを会議中に速やかに行う事がでいるメリットがあります。ノートパソコンなどWEBカメラが搭載されたパソコンであれば、場所を選ばずに会議を行う事ができるメリットがあります。社内だけにとどまらず社外や公共の場においても会議を行う事が可能なのです。注意しなければならないのは、その利便性の高さゆえに場所やセキュリティを選ばずに会議を行ってしまうことによる情報漏洩です。喫茶店などで行った際に機密情報を会議の中で発言することによる情報漏えいの危険性もあります。同業他社の人物がどこに潜んでいるかわかりません。発売前の商品などがマスコミに流れる可能性もあるのです。

情報漏えいの危険性

そのためWEB会議を利用する際には、場所をわきまえることが大事なポイントになります。タブレット端末などノートパソコン以上に利便性が高い場合には、歩きながら会議を行う事も可能になります。確かに利便性はWEB会議のメリットなのですが、情報に関しては何も守られていない状況になりますので、自己管理が必要になります。社外の取引先とのMTGなどにも使用することはできますが、映像の背景にも注意を図る必要があります。取引先以外のクライアント名が見えてしまうなど些細なことで問題が発生することが多くあります。また資料のやり取りをその場でできるのもWEB会議のメリットです。他社にファイルを閲覧させる場合などもデスクトップに情報漏えいにつながるものがないかを確認しておくことも大事です。

導入メリットは大きい

複数のPC

運送業においてシステム化は大きなメリットがあります。配車や人件費などのコストは運送業にとってはできる限り節約したい項目です。しかし人の手で行う事は限界があります。そこでシステム化することによって常に最適な状態を導き出すことができるのです。

もっと知ろう

情報システムの導入

会社

初期導入時のコストを抑えることが可能になり、以前よりも実践しやすくなった情報システムの導入ですが、システム開発で注視すべき点は、今も昔も開発対象機能の選定工程です。しかしながら初期段階で完璧に機能の要否を結論づけるのは難しいため、優先順位が高い機能に絞って開発をスタートするとよいです。

もっと知ろう

誰でも使える

オフィス

水道の図面をパソコン上で作成できるCADの導入は重要です。最近の水道図面CADは従来のものと異なり、直観的に使えるのでパソコンが苦手でも大丈夫です。水道図面CADを導入を予定してるなら、連絡すると資料を送ってくれます。

もっと知ろう